La mimosa 1月のレッスン 北イタリアのお料理(ピエモンテ州・ヴァッレダオスタ州等)

d0353281_21233570.jpg

La mimosa 1月のレッスンに行ってまいりました。


d0353281_21244457.jpg

カラフルなお野菜使ったバーニャカウダや手打ちタヤリンのレッスン。
オレンジのビーツは日本では手に入らないと思っていたら千葉で
栽培されているらしい。
先日インスタでニューヨークの方がオレンジのビーツローストにされていて
おいしそうだなと思っていたので実にタイムリーでした。


d0353281_21284348.jpg

きゃーっ、一人づつのポットで提供なんて思いつかなかった。
これはゆっくり食べられて良いわね。


d0353281_21303279.jpg


Antipasto   Bagna cauda
アンティパストは、バーニャカウダ

普通のオイルのソースではなくクルミが入ったクリーム系。
これ、オイル系よりも好みでした、美味しい。
ラディッキョ、オレンジビーツ、ロマネスコ、ナバナ、ミニラディッシュ、
バターナッツ、ムラサキイモなどなど。
エディブルフラワーは、なんとゼラニュームでした。
ゼラニュームって食べられるのね。


d0353281_21361845.jpg

Primo Piatto   Tajarin al Burro e Salvia
プリモは、セージバターソースのタヤリン

手打ちの卵がたっぷりと入ったタヤリン。シンプルなセージバターが
麺とよく絡んで美味しかった。


d0353281_21401690.jpg

d0353281_21403754.jpg

Secondo Piatto   Capunet
セコンドはカプネット(ロールキャベツ)


煮込んでからオーブンで焼いたカプネットはうま味がギュッと凝縮されます。



d0353281_21431202.jpg

Dolce   Brutti ma Buoni al Cacao
ドルチェはブルッティ マ ブォーニ カカオ風味


不細工だけど美味しいという意味の郷土菓子だそう。
作り方がちょっと変わっていてダレないようにお鍋で生地を少し
煮てからオーブンで焼くのが面白い。


d0353281_21490962.jpg


今月のワインは

’13 Chardone VALLE D’AOSTA(右)
日本では流通が少ない、ヴァッレダオスタの白ワイン。
自然農法で作られたシャルドネは、素直できれいな味わい。
熟したアプリコット、麦わら、といった熟成感もありながら、伸びのある酸味でバランス良くまとまっています。
コクのあるバーニャカウダソースと合わせてどうぞ。

’12 DOLCETTO D’ALBA VILOT(左)
フレッシュなチェリー、スミレの香り。
凝縮感のある果実味、程よいタンニン。
エレガントにまとまっています。
タヤリンやカプネットによく合います。

(先生のブログより借用・ワインの写真も撮り忘れそちらもお借りしました💦)






人気ブログランキングに参加しています。
いつもポチッありがとうございます。





[PR]
by earlgreycooper | 2017-01-26 21:53 | La mimosa | Comments(0)

横浜在住。料理、食べ歩き、スイーツ、陶芸など写真中心に色々と。


by earlgreycooper
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30